にきびは早めのお手入れが肝心。ニキビ痕のないツルスベお肌を目指そう

にきびの進行段階

にきびには、いくつかの段階を経て悪化していきます。にきびをニキビ痕にすることなく、綺麗に治すためには、できるだけ早い段階でケアすることが大切です。
ここで、にきびの発生と悪化の経緯をたどってみましょう。

まず、にきびは毛穴が詰まることによって発生します。
多くの場合、毛穴が詰まる原因は、皮脂の過剰分泌です。皮脂は毛穴から体外に分泌されるので、出口である毛穴を通り抜けられないほどの皮脂が分泌されると、詰まりやすくなってしまうのです。
その皮脂が、本来なら排出されるべき角質と混ざり合うと、角栓になります。この角栓によって毛穴が詰まってしまうと、皮脂の出口がなくなって、皮膚の下で皮脂がどんどん溜まってしまいます。この状態を、医学用語では「面ぽう」と呼びます。
やがて、皮膚の下の皮脂が、面ぽうからひょっこりと顔を出します。この白くなっている盛り上がりが、にきびの初期段階です。一般的には、白にきびと呼ばれます。
この段階では、まだ毛穴が覆われており、炎症も起こしていないので、軽く触れる程度なら痛むことはありません。

ところが、この白にきびを放置していると、悪化して次の段階に突入してしまいます。
白にきびには、外に出きらない皮脂がたくさん溜まっています。その皮脂は、私達の皮膚に存在するアクネ菌という常在菌の大好物なのです。そのため、白にきびを放置していると、アクネ菌がどんどん繁殖してしまいます。
すると、アクネ菌が生み出す代謝物質によって、毛穴の周りの皮膚が炎症を起こします。この、炎症を起こして赤く腫れた状態のにきびは、「赤にきび」と呼ばれます。
赤にきびは、触れると痛かったり、かゆみを感じたりします。

赤にきびがさらに悪化すると、炎症がどんどん進んでいきます。すると、毛穴の中で黄色い膿が溜まってしまいます。この状態は「黄にきび」と呼ばれます。
黄にきびができた毛穴は、皮膚の奥の方にある真皮層まで傷んでいる可能性があります。そのため、肌が本来持っている再生力がダメージを受け、綺麗な肌に戻ることが難しくなります。
その結果、最悪の場合、色素沈着して黒ずんだり、クレーターと呼ばれるデコボコができたりするのです。

にきびは、進行するほどケアが難しくなります。そのため、早めに対策を講じることが大切です。
綺麗に治したいなら、やはりお肌に関するプロの力を借りるのが一番です。皮膚科や美容外科を受診して、にきびの進行段階に合った治療を受けると良いでしょう。
なお、皮膚科や美容外科なら、たとえニキビ痕ができてしまってからでも、レーザー治療などで綺麗に治せる可能性は十分あります。諦めないで、まずは相談に行きましょう。