にきびは早めのお手入れが肝心。ニキビ痕のないツルスベお肌を目指そう

黒にきびとは

手鏡

初期段階のにきびは、顔にできた白い粒のように見えます。これは、皮膚の下に溜まった皮脂が、詰まった毛穴を下から突き上げて顔を出してきたからです。
ですが、初期段階のにきびの中には、白っぽくならずに黒っぽくなるものもあります。一般的なにきびが「白にきび」と呼ばれるのに対して、黒ずんだにきびは「黒にきび」と呼ばれます。黒にきびは、鼻の辺りにできる人が多いようです。

白にきびも黒にきびも、発生のメカニズムは同じです。
黒にきびも、皮膚の下で溜まった皮脂が毛穴を詰まらせることによって起こります。ですが、黒にきびの場合は、詰まっていた皮脂が出てくるときに毛穴を押し広げ、空気に触れた皮脂が酸化してしまいます。
そのため、皮膚表面が黒ずんでしまうのです。
黒にきびも、放置していると、その下でアクネ菌が繁殖して炎症を起こすようになります。そのため、早めにケアをして、悪化を防ぐことが大切です。